幸せになる勇気を読んで

今日ようやく「幸せになる勇気」を読み終えた。高校3年の冬に読んだ前作「嫌われる勇気」は当時挫折の底に沈んでいた自分に垂れるくもの糸だった。

 

 

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 

 

トラウマの否定、

全ての悩みは人間関係、

自分と他人の課題の分離、

そして今ここを生きる。

 

ぼんやりとしか内容を理解できなかったど、確実に物事の確信をついているこの本に感動して受験期にもかかわらず3周も読んだ。浪人中に読んだ禅の本とアドラー心理学を独自にミックスさせた哲学は、今の自分を支える土台になっている思う。

 

あれから5年。兄からもらった「幸せになる勇気」を最近になってようやく読み始めた。相変わらず分かるようでよく分からない。

まるでココイチのカレーのみたいだ。

ただ「全ての問題は愛に帰結する」というアドラーの指摘は高校時代に自分でも導いた結論だったからうなずける部分は多かったし、幸せになるためのゴールは結局のところ「愛」なんだと思う。

 

この本の内容をまだ自分は30パーセントも分かってないと思う。

それだけこの本は理解に時間がかかるし、アドラー本人も「生きてきた人生の半分の時間がかかる」と言うほどこの内容を自分の血肉にするには何度も読む必要があると思う。

 

「どうやったら幸せになれるだろうか?」

もんもんと悩む自分にリア充が笑って答える。

 

「彼女とエッチすれば?」

幸せのフィロソファー(哲学者)は彼の方だった。

 

ではまた。

 

f:id:soosy:20200519233218j:plain