エゴグラムから見るもうひとりの自分

 

どうもすうしぃです。

皆さんはエゴグラムというのを知っていますか?

今回はエゴグラムと自分の診断結果、そしてその感想について話そうと思います。

 

  

エゴグラムとは?

エゴグラムとは1950年代にカナダ出身の精神科医とアメリカの心理学者ジョン・M・デュセイによって作り上げられた性格診断になります。50前後ある質問に「はい、いいえ、どちらでもない」の3択で答えることで人間を5つの自我状態に分けて性格パターンやそのレベルを分析することができます。

 

www.egogram-f.jp

 

 

気になる診断結果....

1.性格

非常に矛盾するもの背反する性質のもの同じ位の分量ずつ性格の中へ抱えているタイプです。自由奔放でわがままな性質と神経質で他人に偉く気兼ねする性質を同じ位に兼ね備えているのです。外から見た場合あなたの性格の実態と言うものはよくわからない不透明な部分が多いのですが、唯一だけはっきりしている事はあなたの性格の中身は大人の部分よりも残存幼児性の部分のほうがはるかに大きな力を占めていると言う現象です。

 

2.仕事

職業適性にはまじめくさった職業は不向きでしょう。特に治安関係の公務員や単純作業労働者等には適用性が全くありません。あなたの職業適性は芸能、芸術、文芸といった分野や一般企業の中でなら企画宣伝商品開発といったあなたの持ち味である創造力や表現力及び高い分析判断能力をフルに生かせる部署に身を置いてこそ初めての新しさを生かせるわけです。

 

3.対人関係

社交面では現状のままのあなたでも日常生活に格別の差し障りがあるわけではありませんが今少し大局的な見地から動くことができればもっともっと大きなチャンスがつかめるはずです。別の言葉でわかりやすく言えばもう一回り大人になってすることができれば申し分ないと言うことなんです。

 

あはは、あはは😊

.....これは、涙?

泣いてるのは、私....?

 

f:id:soosy:20200222213430j:plain

 

正直自分でもこの診断結果には驚いています。同時に自分では見ることのできない深層心理奥を言い得ている気もします。エゴグラムを解答した時が精神的に不安定だったことと友人を通話しながら解いていたこともあり必ずしも正確ではありませんが、あながち間違ってもいないと思います。

 

やはり芸術家の家系...血は争えないということでしょうか...

ちなみに解答した後に思い出したんですが、実は2年前にエゴグラムを大学の心理学の授業で受けていました。その時の結果は「W型」でした。

 

ta.direct-comm.com

 

おわりに...

いかがだったでしょうか。自分の診断結果が正確かどうかは分かりませんが、少なくともこれからの生き方の参考にはなるのかなと思います(そう願いたい)。鏡越しでもいいから、なるべくありのままに近い自分と対面することで新しい何かが開ける気がします。

 

今日はここまでです。

ではでは。

 

f:id:soosy:20200222215103p:plain