600万あればスイスで安楽死できる件について

 

どうもすうしぃです。先月の8月22日の5ちゃんねるでこんなスレッドがありました。

 

「来月スイスで安楽死してくる予定だけど質問ある?」

 

リンク : http://world-fusigi.net/archives/9451858.html

 

このスレッドでは「日本でIT関係の自営業をやっている男性がスイスで安楽死をするのでフライトの前日に質問に答える」という内容になっています。このスレッドの筆者、いわいる「スレ主」が始終冷静に寄せられてくる質問に答えているのが特徴的です。ちなみにスレ主の安楽死をする理由を

 

20: 名無しさん@おーぷん 19/08/22(木)23:25:17 ID:2uf
>>15 
こんな悲惨な事がありました。とかは一切無く退屈だしいいタイミングかなと思って決めました。
 
24: 名無しさん@おーぷん 19/08/22(木)23:28:10 ID:2uf
>>20にも書きましたが、これと言って大きな理由はないです。 
もうやりたい事もやったし、いいかなという考えです。 
と述べていて、一般的な人と比べて死に対してあまり悲観的に捉えていないようにも思います。本人は家族や親族もいないと語っていますが、それが安楽死を後押ししたのかもしれません。
スレ主がいうには「スイスでの安楽死の費用はミニマム(最低)で130万、旅費含め合計600万円持っていく」と述べています。当然のことながらスイスでは安楽死が合法化されていて、ヨーロッパではスイスでの安楽死は一般的だそうです(ちなみにヨーロッパはイギリス以外は陸続きになっているので電車で他国にいくというのが可能担っています)。

 

スレ主が自殺ではなく安楽死を選んだ理由は
・自殺をした場合、警察や大家に迷惑がかかる
・自殺をした場合遺体の処理で税金がかかる

・安楽死の場合事後処理も費用に含まれている

の3つです。

 

当然のことながら日本では法律上安楽死が認められていません。Web情報サイト「Dear B」によると、世界自殺率ランキングで日本は13位だそうです。倫理観も日々変化していく昨今、安楽死という選択肢もこれからもっと身近なものになっていくと思います。

 

「どう生きるか?」について問われても、「どう死ぬか?」について聞かれると答えにつまるのが今の日本の現状だと思います。

 

現実的に死が身近になって安楽死という選択肢が現実的に可能になる時、

あなたはどうしますか?

 

今日はここまでです。

ではでは。

 

f:id:soosy:20190903233714j:plain