17年来の親友とぱふぱふ屋に行った話 〜前編〜

 

こういう話をするのもなんだろうか。

私はおっパブに行ったのである。

そう、あの「おっパブ」である、22歳にして初めてのこと。

しかも苦楽を共にしてきた17年もの付き合いのある大親友と、である。

おっパブに対して不快に感じる方はこれから先は読まないことをお勧めするけども、

なるべく露骨な下ネタは控える次第であることをここに伏しておきたい。

そしてここからは「おっパブ」ではなく、ぱふぱふという別称で呼ばせて欲しい。

ドラクエでよくある、あのぱふぱふである。

 

f:id:soosy:20190318162928p:plain

 

実はぱふぱふに行ったのはごく最近のこと。

というより今からちょうど9日前のこと。

その日は関空(関西国際空港)で日本からオーストラリアへの国際便に乗るために朝から

大阪にいた。フライトが夜の9時からだったので、日が沈むまでの間を大阪でつぶす必

要があった。

 

f:id:soosy:20190318164111j:plain

 

ちょうど大阪の税務関係の学校に通っている私の大親友がいたので、

来る前から彼とぶらり大阪観光をする話を取り決めていた。

 

10時頃に十三駅前で待ち合わせをして「なんば」周辺をぶらぶらしてからお昼に美味しいお好み焼きを食べた。 そして休憩がてら商店街にある「コメダ珈琲店」で甘いケーキと苦いココアを飲みながら他愛もない話をしていたら、時計の針が2時を指していた。

 

f:id:soosy:20190318163912p:plain

 

「これからどうしようか~」

 

特に行きたいところも見たいものもなかった自分がそう言った後、

しばらくして遠くの的を射るような眼差しで彼が言った。

 

「おっパブ (ぱふぱふ行かね?」

 

「………え???」

 

あまりにも突飛すぎて最初はよくわからなかったが、

それまで恋愛話をしていたせいか話の方向がピンキーな方向へ行っていた。

 

ぱふぱふ。確かに(いろんな意味で)面白そうではあるけども、

友達と一緒にぱふぱふ...!!??

自分がぱふぱふされてる隣で友達もぱふぱふされてるのか…!!!???

想像するだけでもエロティックさとシュールさが混ざり合ってカオスが発生してないか…!!!!????

 

「いいよ、金なら俺が出すから」

 

「………え゛!!??」

 

すうしぃは混乱してしまった!!

とりあえず親友が残していたコメチキをたいらげ、

頭の中を整理するためにひとまずコメダ珈琲店をあとにした。

口の中ではケーキ、ココア、コメチキの甘さ苦さうまさが混ざり合って

すでに小さなカオスが生まれていた...

 

つづく…