すうしぃの思うこと

人生で後悔してることは...

今日友人から「すうしぃは人生で後悔してることはないか?」って聞かれた。ない。 父親との問題を解決してからは真っ白なんだ。本当にない。 慶應受験も全力でやったし(落ちたけど)、好きになった人にはちゃんと告白してきた。後悔なんて全くないんだ。 と言…

天の啓示(?)をうけた話

高校1年ごろの話。当時自信のない自分は人生を変えたくて地元じゃ有名な荒れた中学校から勉強して進学校に入った。これで人生安泰と思ったのもつかの間、人との距離の取り方がうまくつかめず空回りと自問自答を繰り返していた。2学期からルーム長に立候補し…

弱者はナイフを持って町に立つ

どうもすうしぃです。 おっぱいがもみたい。 平常運転のすうしぃです。 今日は泣きました。久しぶりに泣きました。使えないと思っていた涙腺機能がまだ使えたので嬉しかったです。 祖父と車で別府の定食屋に行ったんですが、隣にポルシェが止まっていました…

田舎者は東京を夢見る

東京が好き。 なんでだろう、その理由を自分に聞いてもわからない。いつの頃からかずっと東京に憧れていた。 少なくとも日本人の3割くらいがどこにあるのかわからない県に住んでいる田舎者にとって、東京はきらびやかな輝きを放つ竜宮城のように見える。 大…

よみがえるな変態 〜星野源を形作るものとは〜

先日、成田から大分までのフロイト(間違えたフライト)のひつまぶし(間違えたひまつぶし)に本を買った。その名も星野源の「よみがえる変態」。 よみがえる変態 (文春文庫) 作者:星野 源 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2019/09/03 メディア: 文庫 税込660…

友達に自分は誰に似てるか聞いたら...

友達に「俺誰に似てる?」って半ばマジメに聞いたら、「三島由紀夫に似てる」って言われた。考え方とか人間性とか含めてらしい。中学の頃は「謝罪してる市川海老蔵」とか「じゃっかん山口達也っぽい」とか言われてたけど、三島と答えられたのは初めてだった…

鎌倉時代のお坊さんの夢を見た話

2年前くらいだったと思います。妙にリアリティのある不思議(?)な夢を見ました。時代は鎌倉〜室町時代(?)くらいで、自分は法衣を着たお坊さんでした。場所はおそらく近畿地方だと思います。ただどの宗派に対してかはわかりませんが、自分はなぜか他宗派をか…

オワリのはじまり

「出会った瞬間から別れは始まってる」 みたいな歌詞をどこかで見た気がしますが、世の中始まりがあれば終わりがあります。個人的には始まりよりも「終わり」のほうが好きです。入学式よりも卒業式、プロローグよりもエピローグ。(恋愛は別かな...)一つの星…

いじりという名の「いじめ」

この前友人から外見や性格に対して色々といじられて思った。 「なんで俺こんなにいじられんといけんの?」この国にはまだまだ「いじり=スキンシップ」のような風潮があるように思う。年末の某テレビ番組ではお笑い芸人がパワハラといっても差し支えないよう…

アナ雪を見て衝撃を受けた高3男子の話

今日からアナ雪こと「アナと雪の女王2」の上映が開始されました。 第1作が公開されたのが2014年で今から5年も前のことになります。 当時高校3年生だったぼくは、アナ雪の映像革命と絶対悪としての敵がいない斬新なストーリー設定に衝撃を受けたのを覚えてい…

DNA鑑定で切り裂きジャックが特定された件

19世紀でイギリスを震撼させた連続殺人鬼、切り裂きジャックこと「ジャック・ザ・リッパー」の正体がDNA鑑定でついに判明したそうです。 連続殺人鬼「ジャック・ザ・リッパー」の正体、ついにDNA検査で判明!? | ナゾロジー 犯人が解明されたのは事件が起き…

日本めんどくせえ

先日大学に行ったら小学校からの幼なじみとばったり遭遇。そして隣には女子の姿。 3人で話してる途中にその女子から、「今何歳ですか?」と聞かれた。 「23歳だよ」と聞いたら「同い年!じゃあタメで話せるね!」と笑顔になった。 どうして日本は年が一個(厳…

誰にも言えなかった秘密

どうもすうしぃです。 突然ですが、誰しも人に打ち明けたことのない話を一つや二つ持っていると思います。今回は、今までぼくが誰一人として打ち明けたことのない話をしようと思います。人によってはくだらないと感じる話かもしれないので、そう思ったら読む…

猿みたいにほえる

どうもすうしぃです。 もう限界です。頭がおかしくなりそうです。 最近自分の理性のたがが外れかけてきている気がします。 自分を保つために犯罪を犯してもおかしくない状態に来ている気がします。 犯罪なんてしたくありません。 でも犯罪をしないと自分の中…

人間失格

恥の多い人生です。 それでも私は生きるのでしょうか? ええ、きっと生き続けるのでしょう。 「長寿」という呪いを抱えながら、死ぬこともできずに。 道を歩けば手をつないだ男女に見下され、 女性からは嫌悪を伴った目で見られ、 頭から足先まで同じ服装の…

風俗でDT卒業した話 〜後編〜

緊張と興奮を抱えながら別府の歓楽街に降りた(ちなみにAPU生は別府の街を下界という)。そして例のお店の近くにあった「竹瓦温泉」という温泉に原付を止めたんだ。明治12年創業の老舗(しにせ)「竹瓦温泉」。そんな名湯に背を向け青年は色街へ進んでいった... …

家族という鎖を砕け

今日はひいおじいちゃんの50日祭で帰省していた家族全員と祖父方の親戚と納骨の儀をやったんですが、正直ぼくは家族から完全にハブられてました。母親や兄は優しかったんですが、相変わらず不仲の父親と妹2人とはぼくが存在していないかのように振舞っていま…

ら抜き言葉で何が悪い

どうもすうしぃです。 テレビやSNSでよく「見られる」や「食べられる」という言葉を目にしますが、正直「ら抜きの方が言いやすくね?」と思います。 ら抜き言葉は文法的に誤りと言う人もいますが、言葉というのはそもそも時代とともに変化する「生き物」であ…

戦争でお金を儲ける人たち 〜軍事企業と日本〜

世界では戦争が起きることでお金を稼いでいる人たちがいるのをご存じでしょうか? それは軍事企業です。2017年の世界トップ100の軍事企業のうち41社がアメリカの企業で、 総売上44兆円のうちの約6割である25兆円ほどがアメリカの企業によるものです。ちなみ…

風俗でDT卒業した話 〜前編〜

この話の端書きをどう書こうか。 正直この話は今まで人に話すには取るに足らないものだと思ってたし、現に今もそう思ってる。それでもこの話をすることで話を知ってる人や知らない人、それに自分自身に対しても役立つと信じて書こうと思う。 じゃあ話を始め…

泥水飲んでない奴なんていねーよ

どうもすうしぃです。 先日実家にいた時に祖母から「ま〜、いとこの◯◯君はあんなにたくましくなったわ〜」と言われました。いとこはぼくの一つ下にあたり、福岡の私立大学の4年生で剣道部の主将をしながら地方の企業から内定をもらいました。彼は10歳の頃に…

拝啓 量産型ファッションの君へ

ここ2、3年ほど街中やキャンパスを歩いて思うことがあります。 「黒コーデの人めちゃくちゃ多くね!!???」 ここで黒コーデの人たちに一言、いや二言ほど言わせて欲しい。 お前の色覚レベルは犬かよ!!(犬は白黒でものが見える)なんや葬儀でもあったんかい!! 黒…

600万あればスイスで安楽死できる件について

どうもすうしぃです。先月の8月22日の5ちゃんねるでこんなスレッドがありました。 「来月スイスで安楽死してくる予定だけど質問ある?」 リンク : http://world-fusigi.net/archives/9451858.html このスレッドでは「日本でIT関係の自営業をやっている男性が…

最近のニッカン問題について思うこと

このごろテレビやネットでは日韓問題が白熱しているように思います。表紙に「韓国は要らない」とまで大々的に書く雑誌まで出ています。それらを見てよく思うのは、「日韓問題出したらとりあえず視聴率とか発行部数は稼げるんやろうな〜」です。テレビやネッ…

ディズニーの描くフェミニズム〜女性らしさから自分らしさへ〜

先日にディズニー映画「トイストーリー4」を見ました。前作の「トイストーリー3」が圧巻のグランドフィナーレだったので今回は蛇足かと思っていましたが、「おいおいそうきたか...」と見事に予想を裏切られました。今回の作品を見て率直に思ったのは、「ディ…

いとこのけいちゃん 〜中編〜

けいちゃんはその時福岡の女子大の4年生で、実家にやってきたのは8月の頭から9月の足先まで県内の大学で行われる司書講習を受けるためだった。司書とは図書館を管理したり図書館の本を整理したりする人のことをいうらしい。 「図書館で働くのに資格いるんだ.…

いとこのけいちゃん 〜前編〜

今年の5月、いとこのけいちゃんが結婚した。26歳だった。 いとこの実家の福岡で結婚式があったけど、家族で自分だけが行かなかった。 ちょうどオーストラリアから帰国する時期だったけど、けいちゃんの結婚式に参加しないためにわざとフライトを遅らせた。 …

街と自然の調和

どうもすうしぃです。夜中に眠れずに朝5時にコンビニに出かけようとした時、アパートの入り口でメスのカブトムシがひっくり返っていました。 入り口の煌々(こうこう)とした蛍光灯に釣られて来たんでしょうか。さいわい生きていたので、持っていた財布につか…

令和を見て直感的に感じた気持ち悪さの正体とは

どうもすうしぃです。 先日新元号が発表されましたが「令和」を見た瞬間、直感的に感じるものがありました。 「なんか、気持ちわるっ....」 そう思った理由は、令和の「令」に強く反応したからだと思います。 「令」という言葉は日常生活では命令や令状など…

元号の変化が示す暗示とアイロニーとは...

どうもすうしぃです。 日本では新しい元号である「令和」が発表されましたね。現在私はオーストラリアにいますが、SNSを通して日本ではお祭り騒ぎになっているのを感じています。 これは当然と言えば当然な話ですが、オーストラリアでは日本の元号が新しく発…