すうしぃの日常

〜死ねなかった青年はただ空を見る〜

ぼくがオーストラリアにワーホリに行く4つの理由

 

どうもすうしぃです。

現在通っているAPUを休学し、今年(2019年)の3月中旬か下旬の間に

オーストラリアへのワーキングホリデーを予定しています。

今回は、ぼくがオーストラリアへワーホリに行く3つの理由を紹介しようと思います。

 

 

 

 

1.APUに用はない

www.soosy.me

 

2.22歳になったから

一般的に22歳というと、大学新卒の社会人になります。

ぼくは一度大学受験に失敗し浪人してAPUに入ったので現在大学3年生になります。

自分と同世代の人が社会に出る年なので、自分も自分なりに外に出てみたいと

思ったのが理由です。

 

3.平成の終わり

2019年4月30日をもってこの国の元号である「平成」が終わると同時に、

この国の(こよみ上における)新しい時代が始まります。

セカイノオワリならぬ「ヘイセイノオワリ」、略して「ヘセオワ (HESEOWA)」。

なんかダサい....(笑)。時代における転換点は同時に人生における分岐点でもあります。

今が「何か新しいことを始める絶好のタイミング」だと思います。

 

4.大分から出たい

生まれてから22年間、大分から離れて暮らしたことがありません。

産声をあげたのはここ大分になりますが、一度も外に出らずに一生を

終えるつもりはありません。ましてやここを墓場にするつもりもありません。

自然豊かで食べ物にも恵まれていますが、80キロ近くで国道を暴走するドライバーや

大分のどこか幸(さち)の薄い人を見るのに辟易(へきえき)してきました。 

 

以上が理由になります。

他にも「海外で暮らしてみたい」や「日本が嫌になってきた」などの理由も

ありますが、一番大きいのが上の4つになります。

以降もワーホリの計画や準備について書いていこうと思います。

ではでは。