すうしぃの日常

大分生まれ大分育ちで大分在住、22歳の若造。別府市のAPUに通いながら、人生の大海原を絶賛迷走中。

今年の個人的トップソング2018 第8位

第8位 

森山直太朗 - 生きとし生ける物へ

 


生きとし生ける物へ

  

かつてこれほどまでに力強い歌があっただろうか?

少なくともここ数年ぼくは聞いた覚えがない。

 

実は2年前まで森山直太朗の曲は「さくら」しか知らなかった。

バラエティでも彼の姉の夫であるおぎやはぎの小木にいじられる人という印象しかなかった。そんな中今年の春にこの曲を知って衝撃を受けた。

そう、ようやく「森山直太朗」を知ったのである。

 

歌声が綺麗、メロディーが斬新でEDMで味付けされた音楽は数あれど、

余計なものを取り除きこれほど歌声で人を圧倒するものは少ない。

 

 

もちろん決してそれらの音楽を否定するつもりはないし、

それぞれの曲にはその曲にしかない魅力があると思う。

しかしこの歌はどうだろう?

 

歌うの語源は「訴(うった)ふ」、つまり歌うことは訴えることであり分かりやすく伝えることが目的の「語る」ことではない。では訴えるものは何だろうか?それは感情である。平家物語がそうであったように、歌うことでその人の喜びや悲しみを相手に強く「訴え」ているのである。だとすれば、まさにこれが「歌」であり、彼こそが「歌手」なのである。

 

腕を、頭を、喉を。五感だけでなくカラダの全てを使いきり歌い上げた曲。

オススメです。

 

f:id:soosy:20181219212920p:image