すうしぃの日常

大分生まれ大分育ちで大分在住、21歳の若造。別府市のAPUに通いながら、人生の大海原を絶賛迷走中。

Never Give Up!

 

f:id:soosy:20180822232254j:plain


今日は日本史を1842年から1867年まで
(アヘン戦争から大政奉還まで)と、
数学Bのベクトルを勉強しました。
英語は音読のみ(ジョブズのスピーチ)。

勉強していてつくづく思い知らされる、
数学は「化け物」だということを。

数学の奥深さは海よりも深い。
問題が分からないままだと
どんどん奥に迷って出られなくなる。
数学のラビリンス(迷宮)。

分からないところがあれば先生に質問すれば
いいけど、今の自分にはそんな人がいない。
ぐはぁ(心の声)。

高校2年くらいの頃は、
「数学は感情をはさむ余地のない学問だから、
 やってたら冷たい人間になってしまうわ!!」
って思ってた。
(ものっそい偏見やないか)

今は物事を多角的に見る目を養うには
うってつけの学問だな〜と思う。

数学については大まかな計画は立てていますが、
順序通りに行くかどうか。今までの経験から、
計画は7割行けばいいほうだと思う。

とりあえず、最後まであきらめない。

ネバーギブアップ。


P.S.

数学の参考書ってデザインがダサいほど名著であるという謎の風潮。

元気が出る数学1・A

元気が出る数学1・A