すうしぃの日常

大分生まれ大分育ちで大分在住、21歳の若造。別府市のAPUに通いながら、人生の大海原を絶賛迷走中。

慶応プラン

 

f:id:soosy:20180609231711p:image


こんばんは。
この題名を見て、
頭にはてなマークが浮かんだ人もいるかもしれません。


それもそのはず。
なぜならこれは、
「僕の作った、僕による、僕のためのプラン」
なのだから......!!
(厨二病はカッコつけたがり)


慶応プラン、それは端的に、
「慶応大学を目指す計画」のことを指します。


「え?お前慶応受けんの?」
という声が聞こえてきそう。
(ざわざわ.......)


まだ確定しているわけではありません。
そもそも、慶応プランは2年前の、APUに入ってから
2ヶ月目に立案していたものです。

 

APUに入ってから1ヶ月と少し経ったある日
「あれ、なんかここ、思ってたんと違う....」と感じ、

「慶応受けようかな...」と一人静かに
考案したのが、「慶応プラン」でした。


しかし、
「入学してすぐ他の大学に入り直すには
APUを知らなすぎるため、適切な判断じゃない」
と思ったのと、
「キャンパスライフを思い切り楽しむことで、
APUに対するモヤモヤも解けるだろう」
ということで、慶応プランは頭のすみのすみの方に
しまわれていました。


しかし、そのモヤモヤは消えなかった。

 

以前ブログにも書きましたが、来年の春には

・慶応に入り直す
・県外の国立大学に編入する
・大学を休学して海外で農業をしながら旅をする
・航空大の受験勉強をする

のどれかに進む予定です。


今は6月の上旬。
慶応に入り直すための受験勉強を始めるにしろ、
編入の勉強をするにしろ、
受験を始める決断が迫られる時期に来ています。


ちゃんと納得のいく決断を出そうと思います。


来年の春に、笑っていられるために....


ありがとうございました。

 

P.S.
どちらにせよ、来学期までは大学にいます。
航空大の受験時条件を満たすのと、
編入試験を受けるための単位が必要だからです。
慶応か〜。
高校時代は国立文系コースだったのと
浪人時代は慶応商の英語は合格圏内だったこともあり、
英語の実力をキープしつつ
日本史と数学を8ヶ月間でマスターすれば
合格も射程圏内です。


コメントよこせください。