すうしぃの日常

大分生まれ大分育ちで大分在住、21歳の若造。別府市のAPUに通いながら、人生の大海原を絶賛迷走中。

俺、今年が終わったら、編入するんだ....

 

f:id:soosy:20180523232553j:plain

 

こんばんみ

すうしぃでし。

 

今日のテーマは、ズバリ「編入」。

今年、僕は大学の編入試験を受けることにしました。

具体的な志望先は、大分県外の国立大学で、学部は心理学部です。

 

では、

①なぜ編入したいのか。

②なぜその志望先なのか。

編入した先はどうするのか

 

の3つの話をしたいと思います。

 

 

 

①なぜ編入したいのか

 

その理由は、

・学費が高すぎる( 1年:144万円 )

・授業の質が低い

・生徒のレベルが低い

・家計の経済的に今いる大学で勉強し続けることが困難

 

です。学生の7割強が推薦とAOで入学していますが、正直

彼らの学力と知力には目に余るものがあります。

(漢字が書けない、順序立てて物事を考えない、それを説明できない)

今いる大学(立命館アジア太平洋大学)は、

偏差値的にはFラン大と言っても過言ではありません。

(ベネッセや旺文社が出している偏差値より5低いと思っていいです)

 

 

②なぜその志望先なのか。

 

理由は、

・21年大分に住み続けているから県外に出たい

・大学の講義を通して、心理学の面白さを知ったから

・国立大は学費が私立大に比べ安い

 (今いる大学の半額以下の学費)

 

 

編入した先はどうするのか

 

あくまで計画ですが、編入したあとは大学院まで行って、

心理カウンセラーの資格を取れたらいいなと思います。

僕はヒプノセラピーや前世療法といった、催眠術で人の心を癒す

仕事に興味があるので、それに関連した資格、能力を獲得できたらと思います。

(誰かを救いたいと同時に、自分を救いたい.....)

 

 

 

本格的な勉強は6月から始めていこうと思います。

 

 

 

生きろ。