すうしぃの日常

大分生まれ大分育ちで大分在住、21歳の若造。別府市のAPUに通いながら、人生の大海原を絶賛迷走中。

お見舞いに言った友達と物の見事にケンカした話

 

f:id:soosy:20180505004609j:plain

 

 

どうも、すうしぃです。

今日は、入院している大学の友達のお見舞いに行きました。

が、物の見事にケンカをしてしまいました.....

 

 

なぜケンカをしたのか?

そして何のことでケンカをしたのか?

 

 

~~なぜケンカをしたのか ?~~

それは、僕が彼の言動にイラだったから。

僕が勇気を出して言ったことを否定され、批判されたから。

 

 

~~なんのことでケンカをしたのか ?~~

恋愛観の話が発端でした。

お互いの価値観が違っていたため、話が食い違ったのが原因だと思います。

 

 

別府に住んでいる彼が、大分のとある病院に搬送され

のどの病気で入院していると聞いた時はとても不安でした。

お見舞いに行くことで、自分にとっても彼にとってもプラスになるだろうと

思っていましたが、決してそうではなかったように思います。

 

 

正直、彼の発言に対して侮辱に近いものを感じました。

「あれ、自分侮辱されてないか?否定されてないか?」

この気持ちが、徐々に話していくごとに増していった気がします。

彼は、僕のためになるだろうとアドバイスのつもりでいろいろ話してくれた。

それは、自分とは違った視点で物事を捉えることができてよかった。

でも、アドバイスというものは知っている人が知らない人に教える物。

上の者が下の者に教えるのと同じ。そこには対等ではなく上下の関係が生まれてしまう。

 

 

後で知り合いにケンカをしたことを話したら、

本当は自分はアドバイスが欲しいじゃなくて

単に話を聞いて欲しかっただけだったんだと気づいた。

ただ、話を聞いて欲しかったんだ.....

 

 

 

若さとは同時に未熟さでもあります。

未熟さゆえの美しさ。

 

 

僕ら二人が、いい方向に向かうことを願います。

 

 

おやすみなさい。