すうしぃの日常

大分生まれ大分育ちで大分在住、21歳の若造。別府市のAPUに通いながら、人生の大海原を絶賛迷走中。

万引きをしたことのある僕が伝えたいたった2つのこと

 

f:id:soosy:20180410235250p:plain

 

 

 

こんにちは, すうしぃです。

 

ふと大学の公式掲示板を見てみると、

「学生の処分」というスレッドがありました。

(ゴクリ.......)

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

・◯◯市街において、万引きを行った本学◯◯研究科博士課程の学生に下記の処分を行いました。

処分:本学学生懲戒規程による「停学」
    (2018年春セメスター第1クォーター間)
        

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

うぉぉ..........

まさに公開処刑.........

(ちなみにこの他に3件の学生の処分がありました)

 

突然ですが、皆さんは何か物を盗んでしまった経験はありますか?

僕はあります( ̄Д ̄;;

小学生の頃、

近所のリサイクルショップで315円のウルトラセブンのフィギュアを万引きをしたり、

友達のデュエルマスターズのカードを盗んだことがあります。

 

 

f:id:soosy:20180410233034j:plain

       ウルトラセブン

 

 

f:id:soosy:20180410233925j:plain

   デュエルマスターズ

 

 

今回は、僕が万引きをしたことで痛感したことを2つお伝えしたいと思います。

あらかじめお伝えしておきますが、今の僕は万引きには反対です。

そのことを踏まえた上で、読んでいただけたらと思います。

 

 

1. 万引きをすると、絶対にその過ちが跳ね返ってくる

 

一言で言うと、「因果応報」です。

万引きをしてから1年間、僕の生活は「恐怖」に支配されることになりました。

ヘリコプターが頭上を通れば、自分を捜しているんじゃないかと怯えたり、

夜中に電話がくれば、警察からの電話ではないかと布団の中でビクビクしていました。

盗みを犯せば、その代償を「苦しみ」や「恐怖」というで

返済しなければなりません。

これは絶対です。僕が保証します。

 

 

2. 人の物を盗むと、いつか自分の物が盗まれる

 

友達のデュエルマスターズのカードを盗んだ1年後、

小学校のお祭りで財布を落としてしまうものの

落し物コーナーに届けられていましたが、財布の中身は盗まれていました。

それから数年間、えも言えぬ憤りを抱えていましたが、

高校に入り、

「ああ、あの時の出来事は自分が盗んだ報いなんだろうな....」

と気づきました。

 

 

 

万引きや盗みをすることで、僕は

「苦しみ」「大事な物が盗まれる痛み」の二重苦を味わうことになりました。

 

 

そして、「何かをすれば必ずそれが自分に跳ね返ってくる」という教訓を、

身を以って痛感しました。

 

 

猛省し、中学に入ってから1度も万引きをしていません。

(大学生協の外にある小文学冊子を無料だと思って持って帰ったら、

50円の有料冊子だったことはあります.......)

 

 

 

この記事が、皆さんの生活の中で役に立てばと思います。